ED治療薬と頭痛の関係

ED治療薬と頭痛の関係

ED治療薬と頭痛の関係

ED治療薬には副作用の一例として頭痛が起こるケースがあることが報告されています。その原因はED治療薬には体中の血流が良くする作用があり脳などの毛細血管は急激に血流も良くなると頭痛を感じることがあるからです。

 

脳には神経が数多く走っているため血流が良くなることによって血管の小さな動きによる刺激にも反応します。それが頭中で起こると大きな痛みを伴う頭痛となって実感するとされています。

 

この頭痛はED治療薬の効果が継続しているときにだけ起こるものです。薬の効果がなくなるとともに頭痛の症状もなくなることがほとんどです。

 

頭痛の程度によっては性行為に及んでいられない場合が考えられます。ED治療薬の製造先によると副作用による頭痛は動けなくなるほどの激痛は起こりにくいとされています。しかし、もし頭痛の症状を自覚したのなら、無理はせずにそのまま安静にするのがいいでしょう。

 

ED治療薬を服用した際に軽い頭痛の症状があったのですが、その時には気持ちがせんこうしてしまい、そのまま性行為を行いました。そのことを主治医に話すと、頭痛が起こっているときは安静にするように指導されました。せっかくその気になっているのに、そのまま安静にするのもとっても苦しいものですよね。


このページの先頭へ戻る