アルファ受信体遮断薬

アルファ受信体遮断薬

アルファ受信体遮断薬

アルファ受信体遮断薬は交感神経の働きによる前立腺の収縮、すなわち機能的閉尿の機能を遮断する薬です。くすりの成分がアルファ受容体に結合することにより、交感神経の命令が前立腺内の平滑筋に伝わらないようにします。このため平滑筋の緊張が和らぎ、尿道の締め付けが弱り、尿が出やすくなります。

 

血管内の平滑筋にも作用するので、血圧の高い方が使いすぎると血圧が下がり、排尿障害や高血圧の治療にもなります。一挙両得といった場合もあります。血圧が正常あるいは低めの方では成分の作用では血圧は下がらないとされていますが、まれに血圧が下がって立ちくらみやふらつき感が起こる場合があるので服用には注意が必要です。

 

日本だけでなく世界中で、アルファ受容体遮断薬が前立腺肥大症に対する第一選択薬とされています。前立腺肥大症の療法で最初に試し方法になります。この薬が開発されたことにより、手術の件数が減ったというほど効果のある薬です。

 

効果発現が早く服用開始から数週間で変化が表れてくることもあります。しかし症状を和らげるだけで、肥大した前立腺を小さくすることはできません。したがって高圧剤と同じで服用を中止すると症状が元に戻ってしまうことがあり、長期にわたって服用し続ける必要があります。

 

現在、日本で前立腺肥大症に対して承認されているアルファ受容体遮断薬には、プラゾシン、テラゾシン、ウラピジル、タムスロシン、ナフトピジル、シロドシンの6つがあります。同じアルファ受信体遮断薬でもそれぞれに特徴がちがいます。

 

 


このページの先頭へ戻る